今なら短時間で高賃金が得られるデリヘル求人が多くなっている

眼鏡の女性

デリヘルの待機部屋が狭い場合は

綺麗な女性

特にデリヘル経営を始めたばかりの頃に困るのが求人と待機室の問題です。まず、待機室が狭くて相部屋なのは当たり前でしょう。特に東京の都心にもなると、ワンルームアパートの家賃ですら10万を越えている何て事もあります。郊外にすればとの意見もあるが、出勤の利便性を考えるとやはり街中が望ましいです。
そして、もう一つ困ってしまうのが求人の問題です。実はこの2つの問題はリンクしています。求人を出す際には給与は当然だが、それ以外にも待合室がどの様になっているかの紹介をしなければならないのです。無理やりその項目を省いてしまう事もできるが、それだと女の子側の不信感は高まってしまうでしょう。つまり写真を載せて、待機部屋の中がどうなっているのかの説明を書き添えておかないといけない訳です。ここはツライかも知れないが、広くありませんと正直に本当の事を書いて欲しいです。嘘を言ってどうにかなる問題ではないので。
少しでも女の子に対するイメージを良くするために、同情してもらうのも良い作戦です。まだデリヘル経営を始めたばかりで狭いお部屋しか用意できません、ゴメンナサイ。これから皆さんと一緒に大きな部屋になるよう頑張って行きたいと思っています、という感じですね。

TOP